スポンサーサイト

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには、音楽ネタを。

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 12.2010 音楽関係 12  →コメント欄へ
学生時代に、ひょんな切っ掛けから、音楽(ピアノ演奏とか作曲とか)が趣味になったのですが、
友人でピアノを弾いていた(芸大まで行ったけどプロには成れなかった。)ヤツから手ほどきを受けて
(爪の向きまで注意された!!鍵盤に決して爪を当てるな!!)、素人ピアノである程度弾けるようになりました。

その後、バンド単位の編成を仲間で組んで遊んでいたので、作曲もやるようになり、次第にCDを作ったり
(インディーズだったけどタワーレコードの売り上げランキング1位になった瞬間?もありました・・・・(^_^;)。
お店のBGMとか、どこかの大学のゼミに提供したり、能の音楽を頼まれたこともありました。
下手っぴ演奏でも、音楽祭やライブなど、頼まれた時は弾きにいってます。

そう言う意味では、素人ながらに、面白く、楽しく音楽をやって来ました。

が、最初にピアノを教えてくれた友は「おまえは、ほんまに楽しく音楽やってるなぁ~。俺は音楽やなくて、『音が苦』をやってるわ。なんぼ弾いても、納得いく音にならへんねん・・・」

プロを目指していた彼には、音楽が楽しくやれる趣味とは全然違う世界で生きているんやなぁ、その言葉を聞いて、初めて音楽の世界を知ったような気がしました。
どの世界でも、何かを極めていく過程は、苦しい中から、何かエッセンスのようなものを見つけ出し、
それを自分のものとして成長していく。それを何度も繰り返して、突き抜けていくのが、真のプロなんでしょうね。

ところで、日本の作曲家に「佐村河内守(さむらごうち まもる)」という人がいます。
緻密なオーケストレーションと前衛的でない旋律重視の音作りをされています。
プロフィールはネットで調べられると分かりますが、凄まじい人生の一言です。
決して、音楽家として、華やかな経歴ではありません。

それだけに、心の中にあるものを音に変えて表現する力は、天才的であり、情念的であり、戦闘的でもある。
今の日本という時代に、存在していることが奇跡とも言える方です。
それだけに、この方の音楽を聴くと、自分の趣味の音楽と、彼の生きるための音楽の隔絶した差を感じずには、いられない。
そんな作曲家です。

今週、8月14日(土)に京都で彼のコンサートがあります。
演奏曲は、ただ1曲。交響曲第1番「HIROSHIMA」
HIROSHIMAをテーマにした曲は、過去に大木政夫、團伊玖磨などの日本人の作品がありますが、
佐村河内守の作品は、彼だけにしか表現できない「HIROSHIMA」を音楽に構築しました。
今回、作曲後、初めて全楽章を演奏する、ある意味、初演と言っていい、記念すべき演奏会です。
このコンサートを、聞きに行ってきます。
感想は、言葉に表せないと思います。聞く人それぞれの心の中にしか表せないと思うからです。

今日は、長い話でした。寝ますわ、もう・・・

関連記事

▶ Comment

みやびさんへ

> 難しすぎてコメントできないや(><)

いやいや、私より音楽をやっているとーちんの方が経験がある分、持論があると思うんだけど。

> 私は、20世紀の曲は何度聴いても映画音楽に聴こえてしまい(というか映画音楽って20世紀の文化ですもんね)、どうしても自分のやってき音楽というものと関連付けできなくなっちゃってます・・・。
> 少なくとも私も高校までは"音が苦"。でも将来の目標に向かってひとつの曲をクリアしたときだけ"音楽"だったかな。
> 大学で念願のオケにハマってた時は"音楽"。
> でも現実に戻って以前ほど弾けない自分を自覚する瞬間は、やっぱり"音が苦"かな f(^^;)
> しかし、友人で音大に進学し卒業後就職浪人してようやくプロオケに合格した彼を見ていると、自分は"音楽"に留めておいてよかったなと思ってしまいます。

20世紀の音楽で「現代音楽」というジャンルにある、例えば武満徹でも、伊福部明でも、映画音楽をやる時は、まわりの人に「純音楽の純度が下がるからやめておけ」と言われたそうです。
「利休」のテーマ曲は純現代音楽風だけど、「燃える秋」では、超メロディアスな曲を作ってますなぁ。
どんな曲想でも作れるとか、表現できるのが本当のプロかもね。古関裕而は、毎日違う調子の曲を同時に作曲していたとか、まあ凄いプロがいたものだと。

音楽って、音は楽し?でいいのか分かっていないんだけど、結局は自分が好きな音とか旋律とか弾き方とか歌い方とか・・・そういういろいろな好きがどれだけ出来るかで楽しさが違うんだろうと思ってますよ。(^o^)
2010.08.18 18:46 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
難しすぎてコメントできないや(><)


私は、20世紀の曲は何度聴いても映画音楽に聴こえてしまい(というか映画音楽って20世紀の文化ですもんね)、どうしても自分のやってき音楽というものと関連付けできなくなっちゃってます・・・。


少なくとも私も高校までは"音が苦"。でも将来の目標に向かってひとつの曲をクリアしたときだけ"音楽"だったかな。

大学で念願のオケにハマってた時は"音楽"。
でも現実に戻って以前ほど弾けない自分を自覚する瞬間は、やっぱり"音が苦"かな f(^^;)

しかし、友人で音大に進学し卒業後就職浪人してようやくプロオケに合格した彼を見ていると、自分は"音楽"に留めておいてよかったなと思ってしまいます。
2010.08.17 22:44 | URL | みやび #JyN/eAqk [edit]
双剣さん、いつもコメントあれがとうございます。

> 自分の住んでいる町が映画「月光の夏」の舞台になっていまして、その関係から夏はピアノコンサートが鳥栖駅の近くにあるホールであって聞いて、それから2次戦の音楽といえば月光になったんですよ。

「月光の夏」は映画で見ましたが、何とも戦争をする人間の性に恐ろしさを感じましたね。
あの特攻という方法は、今のアルカイダとか自爆テロとは違う質のものとは思いますが、
敵対する相手を攻撃する。それは、避けようがないのか?と思うだけでした。


> 佐村河内守さんはウィキで見ましたが本当にすごい経歴の方ですね。
> 特に聴覚障害を隠していた理由が彼の音楽への強いこだわりを感じました。
> コンサートいかがでしたか?

音楽を作るということは、個人の思いというものを表現する手段として、絵画や詩作のように考えています。
今回のコンサートでは、ホール入り口に原子爆弾の被害写真の展示。
音楽の構成は、全てが原子爆弾というものに対する情念を表現しようとした曲だと思いました。
それを聞く者がどう思うか?特にクラシック系の新曲コンサートでは、最後にそのことが分かるわけですが・・・。

今回は、嵐のような拍手でした。

原子爆弾という我が国だけが受けた被害という前提はあったものの、誰もが納得したんだと思いました。
私的には、大オーケストラの壮大な音が心に響きました。でも、本当の原爆症の痛みが分からない分、どこか音楽に納得していても、原子爆弾には納得が出来ない。そんな所が不完全燃焼でもありました。

でも、同時に思いました。
原爆病になった被害者は、死ぬまでアメリカや当時以降の国の政策、そして理解してくれないまわりの同じ日本人に恨みを持っていたんだろうなぁって。

そして、もうひとつ。どうすれば世界から闘いが無くなるのか。誰が動けばなくなるのか。そんなことも思った一日でした。






2010.08.15 21:48 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
>motokiさん、こんばんわ。

>動画編集ソフトは何をお使いになられていますか?

私はビデオスタジオというコーレルのソフトを使っています。
何かのバンドルソフトですが、一度使い始めると、変更するのが手間なので、ずっと使っています。
2010.08.15 21:09 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
2次戦をテーマにした音楽といえば自分の中では月光なんです。
自分の住んでいる町が映画「月光の夏」の舞台になっていまして、その関係から夏はピアノコンサートが鳥栖駅の近くにあるホールであって聞いて、それから2次戦の音楽といえば月光になったんですよ。
佐村河内守さんはウィキで見ましたが本当にすごい経歴の方ですね。
特に聴覚障害を隠していた理由が彼の音楽への強いこだわりを感じました。
コンサートいかがでしたか?
2010.08.15 02:45 | URL | 双剣 #JyN/eAqk [edit]
はじめまして(厳密には初めてではないのですが、一応)。

ブログの内容とは関係ないのですが、1つどうしてもお聞きしたいことがありまして。

鉄道模型大好き人さんはYoutubeにたくさんの素晴らしい動画を投稿されていますが、動画編集ソフトは何をお使いになられていますか?
2010.08.15 02:14 | URL | motoki #OZ9op4z2 [edit]
>katsumi-k さん、 こんばんは。

おおっ~、katsumi-kさんは、プロでしたか!!尊敬~(^^)/ 厳しい音楽生活を送られてたんですね。

音楽も、厳しい環境であるほど、音作りも、演奏も深くなって、より感動的な表現が出来るものと思います。
素人の私が言うのも何ですが、ライブやコンサートで自分なりに懸命に演奏できたと思った時に「いい音楽を聞かせてくれて、ありがとう」という様な言葉をお客さんからもらったことがあります。何よりも、うれしいメッセージで、忘れることが出来ません。

> 今でも映画音楽などはオーケストラが使われているように、生の楽器はやはり弾いている人間のくせが伝わってきて、温かみがありますね。

楽器も含めて、道具って、身体の延長上にあるものですから、全く同じ道具を使っても、その人それぞれの個性が表れる。そういう点が、楽器の尽きない魅力だと思います。
katsumi-kさんの演奏、聞いてみたいなぁ~(^o^)
2010.08.13 19:37 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
>うなばらさん、こんばんは。
>
> youtube聞きながら書いてますが、佐村河内すごいですね。

えっ、ヨウベツに挙がってますか?
としたら、ヒロシマでの演奏かな?
>
> 先の大戦をテーマにした曲では、
> 私は、マルチヌーの交響詩<リディツェ追悼>を真っ先に
> 思い浮かべましたが、日本の作曲家でこのような交響曲を
> 書く人がいたとは、奇跡というのもうなずけます。

ボフスラフ・マルチヌーとは、マニアックな作曲家をご存じで!!
リディツェ追悼も、自国の村に起こった悲劇の恐ろしさを忘れないための
モニュメント的曲として、反戦平和の象徴的名曲だと思います。

> ナクソスからCD出ないかなー
> 交響曲第2も聞きたいなー

おそらく、京都公演のは、CD化されるのではと思います。
吹奏楽のための小品や、ゲームのテーマ曲も含めて
全曲集で出して欲しいです。
佐村河内さんは、いつ作曲が出来なくなるか分からない状態ですし。
2010.08.13 19:21 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
リークンさんへ

> いや・・モーニン○娘のコンサートは行ったかな・・・ピンクのハッピ着て・・(笑)

うわ~っ、ミーハーだったんだね、リークンさん(^_^;)
私は、河合奈保子のファンだったので、コンサート行きましたよ。
因みに同じ小学校だった・・・ただし、学年は、向こうが上だったけど。

> ちなみに今は嫁や娘の発表会等に行って(行かされて)からは聞くようになりましたね。
> これも嫁の影響か・・・

日に影に奥様の影響が、ジワジワとリークンさんの身体を浸食して・・・・(^_^;)オイオイ!!

ちなみに、私の音楽は、フュージョン系と童謡系?なのですわ。
クラシックは、ビアノまたはオーケストレーションが主になっていて、コンサートは行かないけど、N響アワーなどは見てます。作曲家では、千住明のワンパターン曲が、何故か好き・・・
2010.08.13 19:01 | URL | 鉄道模型大好き人 #- [edit]
こんばんは。自分も音楽を志していて音大に行こうと思ったこともありましたが、少し道を外れて(^^;)、若い頃は夜のお店でピアノを弾くお仕事をやってました(笑)。
自分の好きなことだから楽しいだろうと言われたけどやはりそれだけではなく、150曲くらいあったレパートリーを暗譜しないといけなかったし、難しいパートは指から血が出るまで一生懸命練習をしたりしました。ノーミスで弾くのは当たり前で、間違えると楽屋に帰ってからリーダーにこってりしぼられたり・・・。でも若かったから前向きに頑張れたんでしょうね。
30代はゲーム音楽を作るようになって、その時に初めてクラシックの楽器の編成や音の重ね方について勉強しました。
今でも映画音楽などはオーケストラが使われているように、生の楽器はやはり弾いている人間のくせが伝わってきて、温かみがありますね。
2010.08.13 01:38 | URL | katsumi-k #JyN/eAqk [edit]
鉄道模型大好き人さん、こんにちは。

youtube聞きながら書いてますが、佐村河内すごいですね。
すごいとしか言葉に出来ない。はまりました。

先の大戦をテーマにした曲では、
私は、マルチヌーの交響詩<リディツェ追悼>を真っ先に
思い浮かべましたが、日本の作曲家でこのような交響曲を
書く人がいたとは、奇跡というのもうなずけます。

youtubeで昔のSP盤よろしく、3楽章を細切れに聞いてますが、
通しで聞きたい、もっといい音で聞きたい。
ナクソスからCD出ないかなー
交響曲第2も聞きたいなー

吹奏楽のための小品を聞き、ますますそう思った。
2010.08.13 01:02 | URL | うなばら #JyN/eAqk [edit]
私が音楽(クラシックが主ですが)に聞くようになったのは嫁の影響でした。
学生の頃は全然興味が無く、コンサートに行くなんて事は一切ありませんでした。
いや・・モーニン○娘のコンサートは行ったかな・・・ピンクのハッピ着て・・(笑)

嫁と付き合うようになって最初に行ったのは西成区にある大阪フィルの演奏会でした・・でも正直退屈でした。

ちなみに今は嫁や娘の発表会等に行って(行かされて)からは聞くようになりましたね。
これも嫁の影響か・・・
2010.08.12 21:50 | URL | リークン #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。