スポンサーサイト

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年ぶりに・・・入れ替え 普通車が爆速化、いや鬼速じゃぁ!!SSD-Raidの威力!!

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 06.2011 動画編集 36  →コメント欄へ
さらに追記の追記(11/09) 最近になって、OC(オーバークロック-車のターボチャージャーみたいな働き?)なるものを弄ってみた・・・って、オイオイ、今頃やったのか田舎者!!

というか、ネットで調べてみたら、Z68という新しいチップセットシステムとi7-2600Kを組み合わせると、詳しくない者でも、性能アップを図れると書いてあり、早速実行。
以前は、パーツ類が壊れるリスクが高いと聞いていたので、手を出さなかったわけで・・・・(^_^;)

細かいことは分かっていないのですが、変更したのは・・

↓ベースクロックを 100→105.5  内部倍率を 34→45 にして、i7-2600Kの動作クロックを 3.4→4.7 にアップさせました。この数字は、ネットに出ていた設定をそのまんま・・・・よく分からんもん!!

OCCT400 20111108



それで、何がどう変わったのか?調べて分かったことはも次の通りでした。

1.起動が速くなった。すでに、前パソより早いんだけど、もっと早い。20秒台でデスクトップ画面が現れる。
2.アプリの起動も速く・・フォトショップが2秒で開く。何?この速さ。
3.意外と発熱変わらない。36度の人肌?ぐらい(お燗かぁぁぁぁ)。これが省電力i7の効き目なのかな?

電気素人なので、理由はよく分かっていませんが、早くなりました。
ネット情報では、オーバークロックをかけていると途中でダウンすると書いてありましたが、とりあえず大丈夫みたい。今夜、負荷(ベンチマークソフト・・性能と耐久性を調べるためのアプリ・・・高温になるとか~怖い!!(>_<))をかけながら寝ます。ダウンしていたら、どうしよう~!!←それだったら、やるなって?(^_^;)




追記(10/18):SSDは速いのか?というコメントをもらいましたので、そういうものを計測できるソフトを見つけました。
「CrystalDiskMark3」というフリーのディスクのベンチマークソフトです。
で、動かしてみた結果は、以下の通り。
↓SSDのRAID設定
SSD crystalDiskMark301 21111017


これだけでは、普通のハードディスクに比べてどうなのか、分からないので・・・
↓HDの計測結果
HD crystalDiskMark301 21111017

ということで、比べると、読み込むときがメチャ速い。書き込むのは、まあ速い、ということが分かりました~(^^)/

それと、windows7を調べていくと、エクスペリエンスという評価欄があり、ディスクの性能が確認できます。
↓ディスクは満点がついているみたい。
エクスペリエンス20111029


あと、「PC Mark7」という、パソコン全体を計測するソフトも見つけたので、その結果もアップします。
「5681PC Mark」このスコアーは、速いのか、遅いのか?は、私にゃ分かりまへ~ん!!  以上!!
PCMark7 20111018

--------------------------------------------------

いつも、モニターの下に鎮座しているパソコンは7年ほど前に、パーツを集めて組んだ、いわゆる自作機ですが、さすがにくたびれてきたというか、動画編集をしていると、エンコードと呼ばれる編集後の動画を完成させる作業で、何時間もかかっています。

これは精神衛生上よくないといいますか、早くヨウツベにアップさせたいよ~、というときには、ストレスのもとになっていました。
というわけで、、そろそろ新しいパーツを組み入れてみるべかなと、先週、大阪日本橋を物色巡回!!
ネットで、最近のパソコン情報を見ていたので、買うものは決めていたけど、いざショップで見ていると、おおっ~浦島太郎状態じゃぁぁぁ~

日頃、鉄模ショップは、まめに回っているTMDですが、パソショップはまじで何年ぶりだか・・・・(^_^;)ドッヒャー!!

何しろインテルペンティアムの時代から、全然見てないので、最新パーツに、目が白黒!!!

1.ビデオカードに載っているメモリーが、何っ!!2㎇!!ええっ~、俺のは当時256㎆も載っていて最新だったのに・・・2㎇って、今使っているパソコン本体のメモリー容量と同じじゃん!!なんちゅう過激な仕様・・値段も過激だった。4万!5万! メーカーパソが買えちゃう!!

2.ハードディスクがない!!(正しくは、あるんだけどシステムドライブは・・)。OSはメモリーに入れるんだとよ!!
SSD(ソリッドステートドライブ)という、ハードディスクに変わるメモリーだけで出来ている?ドライブ。
何でも、OSとかアプリがメチャ速で動くらしい・・・そりゃメモリーだもん、ディスクを回しているより速いわなぁ。

3.いろいろな新用語?・・・USB3.0とか、SATA3とか、その他諸々・・・全部、浦島太郎!!!!

要するに一言で総括すると、箱形のパソコンは、不景気の続く我が国で、ずっーっと右肩上がりに性能アップし続けていた。ってことですわ。

でっ、買った主なパーツ・・・

1.CPU・・・Intel Core i7-2600K これが今のところ自作用にポピュラーなんだと。
2.VGA・・・GeForce GTX560 Ti 値段と性能の関係で動画編集なら、これで十分だと店員さんが・・・
3.SSD・・・Crucial m4 CT064M4SSD2t×2台 これが今までのハードディスクの代わり。
4.MB・・・・マザーボードはZ68とかいうチップセットがええとか言うので、asrock z68 pro
5.その他 メモリー16㎇分、水冷式CPUクーラー(昔から、これ使ってます)、データー保存用ハードディスク2Tbyte、コード等々

気がついたら、9万以上も使っちまったぁ・・・・(^_^;)・・・まっいいか、7年ぶりだもん。

あとは、取り付けるだけ~!!箱、電源、DVD・CDドライブ、ファンなどは、そのまんま使い回し。
こんな線だらけで、よく故障しなかったもんだ。

DSC05612.jpg


中をとりだして、掃除。特殊ノズル「とるぞーくん」が活躍します。細かいホコリだけ取って、パーツとか吸い込まず。

DSC05617.jpg


これがSSDですわ。2台並べてRAID0という設定にします。一台の時より速く動くんだとか。ハードディスクより速いのを、より速くするので、車のツインターボーチャージャーみたいな仕様に。

DSC05660.jpg


水冷クーラー、ちっちゃくなりましたね。以前のパソも水冷式でしたが、パーツがでかかった分、配線に苦労。最も、日立冷蔵のOEMという怪しい代物だったけど、7年間故障知らずでした。サーバー用だったらしい。

DSC05632.jpg


そして、パーツのバージョンアップで箱内が暑くなるかもしれないので、排気を強力にするために、2ファンをブン回す!!

DSC05684.jpg


組み立て完了後、WINDOWS7PROをインストして、早速、モニターで確認。
おおっ、低温で動いてるやん。前のは、今の季節でも42度ぐらいありました。

DSC05731.jpg


そして、調べたのは、動画のエンコード(再編集)時間。
画像にでている2分・・・は、300㎆のファイルで出力されたものですが、以前のパソだと20分ぐらいかかっていたので、これは爆速ならぬ、鬼速ですがな。スイスイ、変換してくれたもん。アプリもウェブも、サクサク動くと言うより、ピンピンはねるという感じで操作できます。最新パーツ、恐るべし!!!

testshot.jpg


おまけ、夏になると、こうやって、箱の前にエアコンから冷気を取り込んで、冷やし倒します。これだけで10度は冷えまっせ!!

DSC05726.jpg


さあ、これを7年ほど使うかな。・・・7年後、こんな箱パソは消えているだろうな。おそらく、ノイマン式パソは博物館入り。ウェラブルパソで仕事もプライベートも24時間使っているシーンを予想するのですが、どうでしょうね?撮り鉄しながら、その場でブログアップ・・ありだなぁ~(^o^)

・・・スティーブ・ジョブスさんに、ご冥福を・・・


スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。