スポンサーサイト

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっ。。地震だぁ~(゜o゜;

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 13.2013 わたくしごと 10  →コメント欄へ
今朝(4月13日)久しぶりに、地震で目が覚めました。神戸・淡路大震災から18年目。
昔、北大教授、中谷宇吉郎先生の言葉
「天災は忘れた頃にやってくる」を思い出した!(゜o゜;
スポンサーサイト

ちょうど一ヶ月前!!

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 14.2013 わたくしごと 6  →コメント欄へ
ちょうど一ヶ月前、某デパートに行った時、偶然降りたエレベーターを出てみると・・・
CA390895.jpg

ワンフロアー、全部女性~かつ、戦場のような殺気だった・・・・(^_^;) 女の執念なのか???

たまには鉄道以外を・・・・(^_^;)他愛もないことですが

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 12.2013 わたくしごと 4  →コメント欄へ
一ヶ月の1回の広告回避?ネタですが、たまには鉄道以外も・・・真面目に書いてみます。(*^_^*)

町並みとか、街景観と言う場合、古い地域や時代を再現して保存しているとか、新たに開発された新しい景観を指すことがありますが、元々あった生活空間を全く別の物に利用する(ある意味リサイクル)ことで、人の流れを作る試みが、ここ十年ぐらい前から行われているエリアをいくつか見ることがあります。

先日、見に行った大阪梅田の近くに「中崎町」という地域があります。
梅田の騒然とした繁華街から100メートルも離れていないのに、大正時代から昭和にかけて建築された個人宅や当時では最先端の文化住宅、アパート群が解体されずに、しかも入居者がいないくなった状態で残されています。
このエリアの、そういう建物を軽度の改装で、いろいろな物品販売や飲食関係の店に転用している例を見ました。
nakazaki (1)
nakazaki (2)

ここを歩いているのは、ほぼ若い世代のカップルさんたち・・・・くっ、俺は・・・・(>_<)
おそらく、写真のようなショップがない頃は、都会の中に残されたセピア色の町だったと思う。
それが、今では相当な人が見に来て、店を利用して、都会の中の観光スポット的な位置を占めているのには、驚きました。
nakazaki (3)
nakazaki (4)

店をやっている人達も、若い人ばかり。要するに、そういう廃墟同然の建物なので、賃貸料も梅田界隈としては、ずば抜けて安いのだと思います。それで、こういうショップを都心では開けられない若者が利用することで、新しく活性化した町を作り出しているのだと考察?する次第です(^^)/
nakazaki (6)

一軒入った店も、古い個人宅外見はほぼそのままに内装を作り替えた無国籍的飲食店で、個性的なメニューと物干しのあった所でも客席にしてある面白さを満喫できました。
nakazaki (5)
nakazaki (7)
nakazaki (8)

中崎町って、ある鉄道模型屋さんがビルの中にあって、よく来ていたのに、こういう事になっていたとは、灯台下暗しでした・・・・(^_^;)

レポート終わり!!寝るわ!!

広告嫌なので・・・・コメント不要です!!(大笑)

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 04.2012 わたくしごと 10  →コメント欄へ
タイトル通り、コメントは入れないで・・・・(^_^;)です。◎

ささやかでも、心に残る結婚披露宴

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 28.2012 わたくしごと 10  →コメント欄へ
今日(4月28日)は名古屋で、友達の結婚・披露宴によばれました。
友達と言っても24才の女の子なので、自分の娘と言っても良いぐらいの子ですが、友達です、ホントに。もちろん隠し子ではございません・・・・(^_^;)オイオイ!!
それ以上は、深く追求しないでください。中学生の時から知ってるんで、長いつきあいです。

入場、このあと賛美歌斉唱

UCHI (1)


旦那になる彼氏共々、敬虔なクリスチャンで(両家ご両親も)、それが縁で結婚に至りました。
会場も教会で行われ、会場準備も食事も全て、教会関係者・お仲間の手作りでした。
ええね、こういう身内でやる結婚式って。心がこもっているわ。

↓兄弟・姉妹(キリスト教徒の仲間内での呼び方)、友人からの鋭い突っ込み質問に、あたふたする二人
UCHI (4)


↓手作りケーキ入刀
UCHI (3)

↓姉妹祝辞
UCHI (2)


↓両親への手紙・・・この場面は、いつも泣ける!
UCHI (5)


2時間ばかりの、こぢんまりとした式でしたが、感動やったわ。
ええね、若いって。・・遙か20年以上前の自身を思い重ねるオッサンが、そこにいました。

自分は敬虔なる仏教徒 (こういうと、「敬虔なるって、クリスチャンの人が言うんとちゃうの?」と指摘する友人がいますが、宗教に対して敬虔であることは、宗旨に関係ないと思うんだけどね。) ですが、日本におけるクリスチャンの人々のつながりは、見ていて気持ちが良いものだなぁと思っています。

これから、苦難の続く日本国において、小さくてもホッとする家庭を築いてもらいたいものです。
まじで、若い世代の人たちは、大変だもん。
正規で仕事できる人が半分ちょっとぐらいしかいないと統計に表れている時代だからね。
と言いつつ、私は陰ながら応援するしかない!!

うちの子供も、あと10年ぐらいしたら、あ~っ結婚式か~何か、もうすぐのように思えて、怖~い(>_<)


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。