スポンサーサイト

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2トラックバックテーマ  第1006回「今のパソコン何年使っていますか?」

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 22.2010 未分類 26  →コメント欄へ


FC2トラックバックテーマ  第1006回「今のパソコン何年使っていますか?」



私は、自作の水冷デスクトップパソコンですが、もう7年になりました。
故障・水漏れなしです。
スポンサーサイト

栄光の「はやぶさ」-7年目の生還

Posted by 鉄道模型大好き人(TMD) on 12.2010 未分類 22  →コメント欄へ
 先日から、左膝捻挫のため、お休みの今日は大人しく自宅で鉄道模型工作をしています。(年やぁ~(^_^;))
 休日、あちこちへ鉄分補給に出かけられているお友だち連からの写メ攻勢?に圧倒されながら、テレビを見ていると、あるニュースが・・・。

 イオン航行エンジンを搭載した惑星探査機「はやぶさ」が明日、地球に帰ってくるというニュースが出てました。
 打ち上げられたのが7年前、じつに宇宙空間に7年もいた「はやぶさ」。
 てっちゃんの「はやぶさ」といえば寝台特急なんだけど、この惑星探査機はドラマチックな一生を明日終えようとしています。

 小惑星25143番「イトカワ(日本のロケットの父、糸川英夫博士から命名)」の物質(砂)を採取し地球に持ち帰るために旅立った「はやぶさ」は、途中幾多の故障・困難に見舞われながらも、JAXAとNASAの協力の下ついに生還することになった。と報じています。
 役目を終えた「はやぶさ」は、大気圏突入時に採取したカプセルを地球に放出、それはオーストラリアに到達する予定ですが、「はやぶさ」本体は地上に帰ることなく燃え尽きて、消えてしまうのだそうです。

 一つの任務を達成するために多くの人々の努力で、一度は生還が絶望視されていた「はやぶさ」が満身創痍で帰還する。まるで、映画のストーリーになるようなニュースに思わず感じ入りました。燃えて消える姿をNASAの観察機が撮影する予定だそうです。

 カプセルの中に何が入っているのでしょうか?興味津々ですね。良い成果があれば、まもなく消滅する「はやぶさ」も本望だろうなぁ。特急「はやぶさ」のラストランより感動してしまいました。


追記:JAXA(宇宙航空研究開発機構)の初代って、新幹線生みの親、島秀雄博士なんですね。島博士は、未来の乗り物を宇宙船と見据えて、日本のロケット事業の方向性を決めた人物だそうです。D51→新幹線→ロケット・・・どんな頭脳の持ち主だったんだろう。私なんか、自分の仕事で手一杯なんですけど・・・・(^_^;)

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。